弁護士基準の具体例

後遺障害11級10号の心臓の大動脈の偽腔開存型の解離、示談金の内訳は?

<示談金相談例>

質問させてください。父が群馬県で自動車事故の災難に遭って、後遺障害が残りました。

損保の会社から示談金等々、計614万円を書類で伝えられましたが、その金額は適正額なのか、不安です。示談金の内訳について解説してください。

父の後遺障害は、「心臓の大動脈の偽腔開存型の解離」だと専門の医者に告げられ、後遺障害第11級10号「胸腹部臓器の機能に障害を残し、労務の遂行に相当な程度の支障があるもの」と認められました。

こちらの弁護士事務所では後遺障害の示談金を弁護士に電話無料相談できると聞いて、メールしました。

交通事故被害者ご本人の情報
事故~治療終了 34日間
入院期間 8日間
休業日数 12日
事故時の年齢 61歳
事故前の年収 572万円

<示談金に詳しい弁護士の回答>

保険会社から提示された示談金は、適正額ではない可能性があります。ご相談の交通事故における弁護士基準の慰謝料と示談金の概算値は、以下の通りです。

慰謝料と示談金概算値
入通院慰謝料 37万円
後遺障害慰謝料 420万円
休業損害 27万円
逸失利益 1013万円
総額 1499万円

<弁護士アドバイス>

弁護士に損保会社との金額交渉を依頼すると、適正な額の後遺障害の示談金を受け取ることができます。アトムでは、人身事故に遭った方やそのご家族を対象として、電話無料相談を実施しております。お気軽にご利用ください。

保険会社提示額 弁護士基準 差額
614万円 1499万円
884万円

※よくある事例に基づいて構成した相談例です。実例ではありません。

後遺症2級4号の足の欠損障害、示談金の裁判基準は?

<示談金相談例>

先日父の兄が茨城県で事故の被害に遭って、後遺症が残っています。

保険屋から示談金等々、計6300万円を書類で示されましたが、その金額は合理的なのか、不満です。示談金の裁判基準を詳しく説明してください。

この事務所では後遺症の示談金のことを弁護士に電話無料相談できると聞いて、問い合わせしました。

父の兄の後遺症は、「脚の欠損障害」だと専門医に診断され、後遺症第2級4号「両下肢を足関節以上で失つたもの」と認められました。

交通事故被害者ご本人の情報
事故~治療終了 616日間
入院期間 215日間
休業日数 307日
事故時の年齢 46歳
事故前の年収 804万円

<示談金に詳しい弁護士の回答>

ご相談の事故における弁護士基準の慰謝料と示談金の概算値は、以下の通りです。保険会社から提示された示談金は、合理的ではない可能性があります。

慰謝料と示談金概算値
入通院慰謝料 318万円
後遺障害慰謝料 2370万円
休業損害 987万円
逸失利益 10019万円
総額 13695万円

<弁護士アドバイス>

弁護士に保険会社との対応を依頼すると、合理的な金額の後遺症の示談金を受け取ることができます。アトムでは、人身事故に遭った方やそのご家族を対象として、電話無料相談を行っています。お気軽にご相談ください。

保険会社提示額 弁護士基準 差額
6300万円 13695万円
7395万円

※よくある事例に基づいて構成した相談例です。実例ではありません。

後遺症8級5号の足の短縮障害、示談金の弁護士基準は?

<示談金相談例>

おはようございます。私の同居人が沖縄県で交通事故に遭って、後遺症で悩まされています。

保険会社の人から示談金ほか総額2736万円を伝えられましたが、その金額は相応といえるか疑わしいです。示談金の弁護士基準について詳しくご説明ください。

こちらの法律事務所では後遺症の示談金の件を弁護士に電話相談できると見て、LINEしました。

同居人の後遺症は、「脚の短縮障害」と専門医に言われ、後遺症第8級5号「一下肢を五センチメートル以上短縮したもの」の認定を受けました。

交通事故被害者ご本人の情報
事故~治療終了 170日間
入院期間 35日間
休業日数 64日
事故時の年齢 56歳
事故前の年収 762万円

<示談金に詳しい弁護士の回答>

保険会社から提示された示談金は、相応ではない可能性があります。ご相談の交通事故の弁護士基準の慰謝料と示談金の概算値は、以下の通りです。

慰謝料と示談金概算値
入通院慰謝料 141万円
後遺障害慰謝料 830万円
休業損害 195万円
逸失利益 3394万円
総額 4560万円

<弁護士アドバイス>

弁護士に保険会社との交渉代理を任せると、相応な額の後遺症の示談金を受け取ることができます。アトムでは、人身事故に遭った方やそのご家族を対象として、電話無料相談を実施しています。お気軽にご相談ください。

保険会社提示額 弁護士基準 差額
2736万円 4560万円
1824万円

※よくある事例に基づいて構成した相談例です。実例ではありません。

後遺障害11級9号の足指の機能障害、示談金の計算は?

<示談金相談例>

質問いいですか?先般、私の叔母が、千葉県で交通事故の被害にあい、後遺障害を負いました。

相手側の損保の会社から示談金等、総額280万円を言われましたが、その金額は適正といえるか不安になります。示談金の計算を詳しくお教えください。

この弁護士法人では後遺障害の示談金の件で弁護士にLINEメール無料相談可能とのことで、連絡しました。

叔母の後遺障害は、「足指の機能障害」であると専門のお医者さんに言われ、後遺障害第11級9号「一足の第一の足指を含み二以上の足指の用を廃したもの」と認められました。

交通事故被害者ご本人の情報
事故~治療終了 139日間
入院期間 51日間
休業日数 65日
事故時の年齢 65歳
事故前の年収 428万円

<示談金に詳しい弁護士の回答>

保険会社から提示された示談金は、適正ではない可能性があります。ご相談の事故における弁護士基準の慰謝料と示談金の概算値は、以下の通りです。

慰謝料と示談金概算値
入通院慰謝料 141万円
後遺障害慰謝料 420万円
休業損害 111万円
逸失利益 660万円
総額 1333万円

<弁護士アドバイス>

弁護士に損保会社との折衝を依頼すると、適正な額の後遺障害の示談金を受け取ることができます。アトムでは、人身事故に遭った方やそのご家族を対象として、LINEメール無料相談を実施しております。お気軽にご相談ください。

保険会社提示額 弁護士基準 差額
280万円 1333万円
1053万円

※よくある事例に基づいて構成した相談例です。実例ではありません。

後遺症3級4号の脊髄損傷による呼吸器障害、示談金の算定方法は?

<示談金相談例>

相談できますか?当方の従妹が、兵庫県で自動車事故で後遺症が残っています。

従妹の後遺症は、「脊髄損傷による呼吸器障害」だと専門医に診断され、後遺症第3級4号「胸腹部臓器の機能に著しい障害を残し、終身労務に服することができないもの」と認められました。

こちらの事務所では後遺症の示談金の件で弁護士にLINEメール無料相談可能と知って、問い合わせしました。

加害者側の損保から示談金ほか総計2455万円の支給を書類で伝えられましたが、その金額は妥当か、どうですか。示談金の算定方法について詳しく知りたいです。

交通事故被害者ご本人の情報
事故~治療終了 314日間
入院期間 157日間
休業日数 183日
事故時の年齢 56歳
事故前の年収 888万円

<示談金に詳しい弁護士の回答>

ご相談の交通事故の弁護士基準の慰謝料と示談金の概算値は、以下の通りです。保険会社から提示された示談金は、妥当ではない可能性があります。

慰謝料と示談金概算値
入通院慰謝料 263万円
後遺障害慰謝料 1990万円
休業損害 650万円
逸失利益 8789万円
総額 11693万円

<弁護士アドバイス>

弁護士に損保との交渉を頼むと、妥当な後遺症の示談金を受け取ることができます。アトムでは、人身事故に遭った方やそのご家族を対象として、LINEメール無料相談を実施しています。お気軽にご利用ください。

保険会社提示額 弁護士基準 差額
2455万円 11693万円
9237万円

※よくある事例に基づいて構成した相談例です。実例ではありません。

後遺障害9級6号のそしゃくと言語機能障害、慰謝料の算出は?

<慰謝料相談例>

おはようございます。私の姉が島根県で交通事故に遭い後遺障害で悩んでいます。

相手方の保険会社から慰謝料その他、計946万円を出すと書類で伝えられましたが、その金額は適正額と言えるか、わかりません。慰謝料の算出を説明してください。

この事務所では後遺障害の慰謝料を弁護士にLINEメール無料相談できるとのことで、連絡しました。

姉の後遺障害は、「そしゃくと言語機能障害」と専門の医者の先生に言い渡され、後遺障害第9級6号「咀嚼及び言語の機能に障害を残すもの」と認定されました。

交通事故被害者ご本人の情報
事故~治療終了 354日間
入院期間 81日間
休業日数 119日
事故時の年齢 36歳
事故前の年収 572万円

<慰謝料に詳しい弁護士の回答>

ご相談の事故における弁護士基準の慰謝料と示談金の概算値は、以下の通りです。保険会社から提示された慰謝料は、適正額ではない可能性があります。

慰謝料と示談金概算値
入通院慰謝料 218万円
後遺障害慰謝料 690万円
休業損害 272万円
逸失利益 3121万円
総額 4302万円

<弁護士アドバイス>

弁護士に保険会社との折衝を依頼すると、適正な後遺障害の慰謝料を受け取ることができます。アトムでは、人身事故に遭った方やそのご家族を対象として、LINEメール無料相談を実施しております。お気軽にご相談ください。

保険会社提示額 弁護士基準 差額
946万円 4302万円
3355万円

※よくある事例に基づいて構成した相談例です。実例ではありません。

あわせて読みたい

1 / 1,67012345...102030...最後 »

アトムの示談金の増額実績

無料出張相談

重傷を負ったご家族の介護や付き添いで忙しくありませんか?

ご家族が交通事故で後遺障害を伴う重傷を負われたケースなど、一定の条件を満たす場合は、弁護士が無料であなたのところに無料出張し、慰謝料増額のための法律相談を行います。

無料出張相談

ご家族が交通事故で後遺障害を伴う重傷を負われたケースなど、一定の条件を満たす場合は、弁護士が無料であなたのところに無料出張し、慰謝料増額のための法律相談を行います。

「 全国対応の無料出張相談 」


全国10か所に事務所があるアトム法律事務所ならではのサービスです。

無料相談を利用する。

弁護士が慰謝料の増額を診断する。

  • 無料の出張訪問相談は一部の案件に限られます。
  • ご家族が重傷を負って介護で忙しい案件を想定しています。
  • 条件に該当しない場合は、無料出張相談はできません。
  • まずは無料相談であなたの話を聞かせてください。

弁護士が出張訪問する。

  • 相談料は無料0円です。
  • 慰謝料の増額や後遺障害の認定を相談することができます。
  • そのまま弁護活動を依頼すれば事件の解決がスムーズです。

弁護士に弁護活動を依頼する。

  • 着手金は無料0円です。
  • 弁護士費用は賠償金受領後の後払い制です。
  • 弁護士費用特約を使うことができます。
アトムの弁護士による示談金の増額実績
詳しくはこちら

交通事故LINE弁護団のご案内

アトムの「交通事故LINE弁護団」を友だち登録すれば、以下のメリットを無料で受けられます。
LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます
LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINEアカウントでお得な無料相談を受ける

アトム法律事務所のご紹介

アトム法律事務所は、後遺障害を負った被害者の救済に精力的に取り組む弁護士事務所です

あなたの慰謝料が正しいか今すぐ診断 電話で弁護士に相談する 0120-465-911 LINEで弁護士に無料相談する メールで弁護士に無料相談する

はじめよう、LINEで弁護士に無料相談

© 2015 - 2017 Takeshi Okano RM