交通事故の解決実績

頚椎・腰椎捻挫の増額事例

14

頚椎・腰椎捻挫

50代女性パート

傷病名:頚椎捻挫、腰椎捻挫

後遺障害等級:14級9号

最終回収金額:282万円

115万円増額! 167万円 282万円

ご依頼者の方の症状・後遺障害で受け取れる適正な金額までの増額を主張。

ご相談から1か月でのスピード解決!

12か月 1か月
事故発生 弁護士依頼
示談交渉開始
示談成立

弁護士をつけることで増額されたポイントを弁護士が直接解説

担当弁護士のコメント

京都支部代次徹也弁護士

事件番号:京2017-036

交差点の本線を走行中だったご依頼者様の車が、わき道から飛び出してきた加害車両に衝突された事案です。
ご依頼者様は事故後にむちうち症状に悩まされ、約9か月間の治療もむなしく痛みの症状が残ったため、後遺障害の申請をしたところ、後遺障害14級9号に認定されました。
保険会社からの示談金提示額が低いのではないかと疑問を持ったため、アトムの弁護士に相談したところ、増額が可能であることが分かったため依頼に至りました。
保険会社は、パートとしての年収約200万円を基礎にして逸失利益を計算していましたが、いわゆる兼業主婦であったため、女性の平均賃金でで基礎収入を算定しなおしました。その結果、交渉開始からわずか1か月というスピードで示談金の増額に成功しました。

お客様の声

…保険会社からの最終金額が妥当かどうかの確認をしたかっただけなんですが、わかりやすく説明して下さったので、安心してまかせることが出来ました。短期間で、金額を増やして下さったこと、とても感謝しております。本当にありがとうございました。

関連した頚部の解決実績をみる

関連した14級の解決実績をみる

他の解決実績をさがす

注目の慰謝料増額ケース

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください