後遺障害診断書の完全ガイド

歯科医に後遺障害診断書を依頼する方法は?

このページでは、「歯の後遺障害の基準、歯科医に適切な後遺障害診断書を依頼するポイント」について徹底調査した結果を報告しています。

歯の後遺障害とは!?

交通事故で前歯が1本欠けてしまったんですけど、後遺障害として認めてもらえますか?

歯の後遺障害は、欠損・喪失した歯の本数によって等級が決まり、慰謝料の相場も決まっているよ。後遺障害になるには最低でも3本の喪失・欠損が必要になるね。

1本じゃだめなんですね…

交通事故による怪我で、歯に後遺障害が残ることもある。歯の後遺障害は、事故によって喪失または欠損してしまった歯の本数によって決まるのだ。

歯の本数に応じて、10級~14級までの後遺障害等級に分けられ、それぞれの慰謝料相場も以下の表のように一定額が決まっている。

ただし、歯の「喪失・欠損」については、後で報告するように、細かな基準があるので、ぜひ確認しておいてほしい。

(まとめ表)

等級

後遺障害の内容

慰謝料相場

10級

14歯以上の喪失・欠損

550万円

11級

10歯以上の喪失・欠損

420万円

12級

7歯以上の喪失・欠損

290万円

13級

5歯以上の喪失・欠損

180万円

14級

3歯以上の喪失・欠損

110万円

後遺障害の対象になる歯の喪失・欠損とは!?

どんな歯でも、診断書を作るときに欠けていれば、後遺障害の本数に含まれるんですか?

いや、事故以前から欠けていた歯や、酷い虫歯、乳歯・親知らずの歯は除かれるよ。

なるほど、じゃあ健康的な歯であったことを証明する必要があるんですね。

歯の後遺障害の等級は、欠損または喪失した歯の本数によって決まるが、診断書作成時に欠損・喪失している歯の全てを含むわけではないので、注意が必要だ。

まず、交通事故の以前から喪失・欠損していた歯については、後遺障害の対象になる歯の本数から除かれる。最も重いC4の虫歯のある歯についても、同様に本数から除外される。

また、事故によって喪失・欠損した歯であっても、乳歯親知らずの歯については、なくなっても支障がないことが多いので、後遺障害の対象になる歯の本数から外れる。

歯科医によっては、後遺障害診断書を記入した経験のない方も少なくないので、被害者自身が後遺障害の基準を理解しておくことが重要だろう。

(まとめ表)

事故以前

事故後

喪失・抜歯

後遺障害に含まない

後遺障害に含む

歯冠部体積の3/4以上の欠損・切除

後遺障害に含まない

後遺障害に含む

C4の虫歯

後遺障害に含まない

後遺障害に含まない

乳歯・親知らず歯の喪失・欠損

後遺障害に含まない

後遺障害に含まない

歯科医に適切な後遺障害診断書を書いてもらうポイントは!?

歯科医さんに後遺障害診断書を書いてもらうときの注意点はありますか?

歯科用の診断書は記入間違いが多いので要注意だよ。弁護士から歯科医に正しい記入方法を分かり易く説明してもらうと安心だね。

専門家同士で協力してもらえたら、被害者も安心ですね!

歯科医の後遺障害診断書は、ほぼこれだけで後遺障害が認定されるといっても過言ではないくらい重要な資料だ。診断書の内容をみれば、何本の歯が喪失・欠損しているかが明らかに分かるからだ。

しかし、歯科医の中で、後遺障害診断書を作成した経験のある方はごく少数にとどまるといえるだろう。歯科医の診断書の書式・様式は、通常の様式とは異なるものなので、イメージを持ってもらうためにこのページでもアップしておくね。

後遺障害診断書(歯科用)のダウンロード

この診断書の中で、「事故前」「事故後・補てつ前」「事故後・補てつ後」という3つの記入欄がある。

一応、記入方法の説明書きはあるが、一度読んだだけでは理解しづらいのだ。最もよくある間違いとして、この3つの記入欄に重複して、同一の歯を記入してしまうということだ。

すなわち、事故前から欠損していて補てつ済であった歯について、事故後に再度治療を行ったときに、「事故前」の欄と「事故後・補てつ後」の欄の両方に、同じ歯を記入してしまうという間違いだ。

このような間違いがあると、事故によってどの歯が喪失・欠損したのかが不明になるので、十分な後遺障害認定がされないおそれがあるのだ。3つの記入欄には、同じ歯を重複して記入しないように注意する必要がある。

このようにならないためには、診断書作成前から弁護士に依頼して、弁護士から歯科医に対し、診断書の記入上の注意点分かり易く説明してもらい、認識を共通化しておくことが大切だ。

(まとめ表)

記入欄

記入方法

事故前

事故前から喪失・欠損・C4の虫歯であった歯を記入(補てつ済みも含む)

事故後・補てつ前

事故後に喪失・欠損し、補てつできなかった歯を記入

事故後・補てつ後

事故後に喪失・欠損し、補てつした歯を記入

LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます
上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINEアカウントでお得な無料相談を受ける

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

アトムの示談金の増額実績

無料出張相談

重傷を負ったご家族の介護や付き添いで忙しくありませんか?

ご家族が交通事故で後遺障害を伴う重傷を負われたケースなど、一定の条件を満たす場合は、弁護士が無料であなたのところに無料出張し、慰謝料増額のための法律相談を行います。

無料出張相談

ご家族が交通事故で後遺障害を伴う重傷を負われたケースなど、一定の条件を満たす場合は、弁護士が無料であなたのところに無料出張し、慰謝料増額のための法律相談を行います。

「 全国対応の無料出張相談 」


全国10か所に事務所があるアトム法律事務所ならではのサービスです。

無料相談を利用する。

弁護士が慰謝料の増額を診断する。

  • 無料の出張訪問相談は一部の案件に限られます。
  • ご家族が重傷を負って介護で忙しい案件を想定しています。
  • 条件に該当しない場合は、無料出張相談はできません。
  • まずは無料相談であなたの話を聞かせてください。

弁護士が出張訪問する。

  • 相談料は無料0円です。
  • 慰謝料の増額や後遺障害の認定を相談することができます。
  • そのまま弁護活動を依頼すれば事件の解決がスムーズです。

弁護士に弁護活動を依頼する。

  • 着手金は無料0円です。
  • 弁護士費用は賠償金受領後の後払い制です。
  • 弁護士費用特約を使うことができます。
アトムの弁護士による示談金の増額実績
詳しくはこちら

交通事故LINE弁護団のご案内

アトムの「交通事故LINE弁護団」を友だち登録すれば、以下のメリットを無料で受けられます。
LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます
LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINEアカウントでお得な無料相談を受ける

アトム法律事務所のご紹介

アトム法律事務所は、後遺障害を負った被害者の救済に精力的に取り組む弁護士事務所です

あなたの慰謝料が正しいか今すぐ診断 電話で弁護士に相談する 0120-465-911 LINEで弁護士に無料相談する メールで弁護士に無料相談する

はじめよう、LINEで弁護士に無料相談

© 2015 - 2017 Takeshi Okano RM