後遺障害認定の申請方法まとめ

後遺障害認定の申請期限・時効は?

このページでは、「交通事故の被害者が後遺障害の申請をする期限・時効期間」について徹底調査した結果を報告しています。

後遺障害申請の種類によって、申請期限に違いがあるの!?

後遺障害の認定のための申請に期限はありますか?

被害者請求による後遺障害の申請には、厳格な申請期限があるけど、保険会社に申請を丸投げする方法であれば、申請自体に特に期限はないよ。

期限も考慮にいれて、被害者請求にするか保険会社にお願いするか選ぶことになるんですね。

交通事故の被害者に後遺症が残った場合、後遺障害による慰謝料や逸失利益の補償を受けるためには、後遺障害の認定を受けるための申請が必要となる。

後遺障害の申請方法として、加害者側の任意保険会社が主体となって行う事前認定と、被害者本人が主体となって行う被害者請求の2種類がある。

被害者請求は、被害者から自賠責保険会社に保険金を直接請求する手続そのものを意味する。被害者請求の手続の中で、損害調査の一環として後遺障害の認定のための審査がされるというわけだ。

一方、事前認定は、任意保険会社が被害者に賠償金を支払う前に、損害額の見込みを把握するために、あらかじめ被害者の後遺障害の認定を求める手続である。

事前認定の場合、任意保険会社が被害者に賠償金を支払う前であればいつでも申請可能であり、特に期限はない。一方、被害者請求には、厳格な申請期限・時効期間があるので、注意が必要だ。

(まとめ表)

被害者請求

事前認定

申請主体

被害者本人

任意保険会社

申請期限

あり

なし(賠償金支払前であればいつでも)

後遺障害の申請期限はいつまでなの!?

後遺障害の申請期限は、具体的にはいつまでですか!

被害者請求の手続の場合、原則として症状固定から3年以内の申請手続が必要になるね。

わかりました。

自賠責保険への被害者請求の時効期間は、傷害による損害については事故から3年間、後遺障害による損害については症状固定時から3年間である。

被害者請求の申請期限内に、保険金請求の手続をとってはじめて、後遺障害認定のための審査が行われることになるのだ。そのため、被害者請求の方法で後遺障害認定を受けたい場合には、症状固定時から3年以内に被害者請求の手続を行う必要があるようだ。

なお、加害者や任意保険会社が被害者に賠償金を払った後、自賠責保険金を請求する加害者請求の時効期間は、賠償金支払い時から3年間とのことだ。

ただし、いずれの場合も、事故発生日が平成22年3月31日以前である場合には、時効期間が2年間になるので、症状固定時期が遅くなる重度後遺障害の事案などでは注意が必要だ。

(まとめ表)

被害者請求

加害者請求

傷害による損害

事故時から3年

賠償金支払い時から3年

後遺障害による損害

症状固定時から3年

死亡による損害

死亡時から3年

※平成22年3月31日以前に発生した事故の場合、時効期間は2年間になります。

申請期限・時効期間を延長する方法は!?

保険会社との示談が長引いて、被害者請求の期限が過ぎてしまいそうです!

自賠責保険会社に1枚の紙を提出するだけで、簡単に被害者請求の時効を中断することができるよ。加害者に対する時効中断措置も忘れないようにね。

わかりました、ありがとうございます!

被害者の後遺症が症状固定に至った場合でも、示談交渉が長引いたり、後遺症の申請に必要な資料の収集に時間がかかるなどして、被害者請求の時効期間を過ぎてしまうおそれがある。

そのような場合、自賠責保険会社に時効中断申請書を提出しておけば、被害者請求の時効期間を中断することができる。自賠責保険会社を相手にして裁判を起こす方法でも時効を中断することはできるが、後遺障害等級に争いがある場合などに限られるだろう。

一方、加害者に対する損害賠償請求権の時効期間は、被害者請求の時効とは別に進行する。加害者や任意保険会社から賠償額の提示があったり、賠償金の一部支払いがあった場合には時効が中断するし、もちろん加害者を相手に裁判
を起こしても時効は中断する。

なお、自賠責保険会社に時効中断申請書を出したとしても、加害者に対する損害賠償請求権が時効にかかると、被害者請求も認められないおそれがあるので注意が必要だ。

早期の段階から弁護士に相談・依頼しておけば、このような時効期間の中断手続をとらなくても、適切に手続を進めることができ、迅速な解決が実現する可能性が高まるそうだ。

アトム法律事務所のLINEでの無料相談で、一度相談してみるといいかもしれないね。

(まとめ表)

被害者請求(自賠責保険) 損害賠償請求(加害者・任意保険)
債務の承認 時効中断申請書の提出 賠償額の提示、一部支払いなど
裁判上の請求 後遺障害等級に争いがある場合など 示談交渉がまとまらない場合
相互の関係 損害賠償の時効により、消滅する場合あり 被害者請求が時効にかかっても、損害賠償の時効は影響を受けない
LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます
上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINEアカウントでお得な無料相談を受ける

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

アトムの示談金の増額実績

無料出張相談

重傷を負ったご家族の介護や付き添いで忙しくありませんか?

ご家族が交通事故で後遺障害を伴う重傷を負われたケースなど、一定の条件を満たす場合は、弁護士が無料であなたのところに無料出張し、慰謝料増額のための法律相談を行います。

無料出張相談

ご家族が交通事故で後遺障害を伴う重傷を負われたケースなど、一定の条件を満たす場合は、弁護士が無料であなたのところに無料出張し、慰謝料増額のための法律相談を行います。

「 全国対応の無料出張相談 」


全国10か所に事務所があるアトム法律事務所ならではのサービスです。

無料相談を利用する。

弁護士が慰謝料の増額を診断する。

  • 無料の出張訪問相談は一部の案件に限られます。
  • ご家族が重傷を負って介護で忙しい案件を想定しています。
  • 条件に該当しない場合は、無料出張相談はできません。
  • まずは無料相談であなたの話を聞かせてください。

弁護士が出張訪問する。

  • 相談料は無料0円です。
  • 慰謝料の増額や後遺障害の認定を相談することができます。
  • そのまま弁護活動を依頼すれば事件の解決がスムーズです。

弁護士に弁護活動を依頼する。

  • 着手金は無料0円です。
  • 弁護士費用は賠償金受領後の後払い制です。
  • 弁護士費用特約を使うことができます。
アトムの弁護士による示談金の増額実績
詳しくはこちら

交通事故LINE弁護団のご案内

アトムの「交通事故LINE弁護団」を友だち登録すれば、以下のメリットを無料で受けられます。
LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます
LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINEアカウントでお得な無料相談を受ける

アトム法律事務所のご紹介

アトム法律事務所は、後遺障害を負った被害者の救済に精力的に取り組む弁護士事務所です

あなたの慰謝料が正しいか今すぐ診断 電話で弁護士に相談する 0120-465-911 LINEで弁護士に無料相談する メールで弁護士に無料相談する

はじめよう、LINEで弁護士に無料相談

© 2015 - 2017 Takeshi Okano RM