被害者請求を徹底解説

後遺障害の被害者請求の必要書類は?

このページでは、「交通事故の後遺障害に関する被害者請求の必要書類」について徹底調査した結果を報告しています。

被害者請求の必要書類は!?

被害者請求の手続をする際に、被害者がすべきことは何ですか?

被害者請求では、多くの必要書類を収集したり書式に記入したりすることがメインの作業になるね。

被害者請求というだけあって、被害者がいろいろしないといけないんですね。

交通事故の被害者が後遺障害の認定を受ける方法として、被害者請求という方法がある。被害者が申請主体となって、自賠責保険会社に保険金請求を行う手続だが、損害調査の一環で後遺障害認定の手続も行われるのだ。

被害者請求を行うためには、必要書類一式を集めた上で、自賠責保険会社に郵送で提出することになる。必要書類の一覧と、各書類の入手先は以下の表に示したとおりなので、参考にしてほしい。

なお、必要な書式については自賠責保険会社から簡単に取り寄せることができるので、交通事故証明書に記載された加害者側の自賠責保険会社に問い合わせてみるといいだろう。

(まとめ表)

必要書類

入手先

自賠責保険金請求書 書式は自賠責保険会社
交通事故証明書 自動車安全運転センター
事故発生状況報告書 書式に自分で記入
診断書 通院先の病院
診療報酬明細書 健康保険組合(国保の場合は市役所)
通院交通費明細書 書式に自分で記入
付添い看護自認書 書式に家族が記入
休業損害証明書 書式に勤務先が記入
印鑑証明書 市区町村
後遺障害診断書 通院先の病院
レントゲン等の画像 通院先の病院

必要書類の効率的な取り寄せ方は!?

むちうち症で被害者請求したいんですけど、自力で多くの書類を取り寄せるのは難しいそうですね。

任意保険会社が病院に直接治療費を払っている場合、必要書類の多くは任意保険会社から取り寄せることができるよ。

そうなんですか!それは少し安心しました。

被害者請求のための多くの必要書類の中で、比較的取り寄せるのに手間と費用がかかるものが、医療関係の書類だろう。

後遺障害診断書は、後遺障害の申請のためには必須の書類であるため、適切かつ十分なものを入手するためにある程度の労力がかかるのはやむを得ないだろう。

一方、治療期間中の診断書や診療報酬明細書については、加害者側の任意保険会社が、治療費を直接病院に支払う一括対応を行っている限り、別途病院等から入手する必要はない。任意保険会社からコピーの交付を受ければ足りるからだ。

すでに通院交通費明細や休業損害証明書を任意保険会社に提出済みの場合は、その資料についてもコピーの交付を受けられるので、最初から作成する手間を省くことができる。

なお、任意保険会社がない場合や、一括対応を行っていない場合には、診断書と診療報酬明細書を別途入手する必要がある。病院の多くは、患者本人への診療報酬明細書を発行していないので、健康保険組合に対してレセプトの開示請求を行う必要があるようだね。

(まとめ表)

任意保険会社あり 任意保険会社なし
一括対応あり 診断書・レセプト、通院交通費・休業損害証明などは写しをもらえる 自分で全て取り寄せる必要あり
一括対応なし 自分で全て取り寄せる必要あり

被害者請求で提出すると有効な弁護士の意見書とは!?

弁護士さんに被害者請求をお願いすると、認定結果にどんな影響がありますか?

被害者請求に弁護士の説得的な内容の意見書を添付することで、審査担当者に与える印象が大きく変わる可能性があるね。

そうなんですね。一度、アトムの弁護士さんに相談してみたいと思います。

被害者請求の必要書類のうち、基本的なものとして自賠責保険金の請求書がある。請求書には、被害者と加害者の基本情報、事故年月日、自賠責保険証明書番号、保険金の振込先口座などを記入する欄がある。

しかし、被害者としての後遺障害認定に関する意見を記入する欄がない。せっかく被害者が主導できる被害者請求の手続を選択しているのに、被害者としての意見を審査機関に伝えないのは、チャンスを逃しているに等しいといえる。

被害者請求において後遺障害の審査を担当する各地の自賠責調査事務所では、各担当者が後遺障害診断書とレントゲン等の画像、各種検査記録を照合して後遺障害の有無・程度を判断する。

この判断の際、自賠責の認定基準に沿った、論理的かつ説得的な内容の弁護士の意見書が添付されていれば、審査担当者としては判断材料の一つとして考慮せざるを得ないだろう。

弁護士の意見書は、被害者請求の必要書類としては挙げられていないが、提出すれば有益な資料とみなしてもらえるだろう。被害者請求において、後遺障害認定実務に強い弁護士の意見書を添付して提出すれば、有利な認定結果を得られる可能性を高めることができるね。

(まとめ表)

弁護士あり

弁護士なし

意見書あり

有利な認定結果の可能性大 有利な認定結果の可能性小

意見書なし

有利な認定結果の可能性中
LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます
上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINEアカウントでお得な無料相談を受ける

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

アトムの示談金の増額実績

無料出張相談

重傷を負ったご家族の介護や付き添いで忙しくありませんか?

ご家族が交通事故で後遺障害を伴う重傷を負われたケースなど、一定の条件を満たす場合は、弁護士が無料であなたのところに無料出張し、慰謝料増額のための法律相談を行います。

無料出張相談

ご家族が交通事故で後遺障害を伴う重傷を負われたケースなど、一定の条件を満たす場合は、弁護士が無料であなたのところに無料出張し、慰謝料増額のための法律相談を行います。

「 全国対応の無料出張相談 」


全国10か所に事務所があるアトム法律事務所ならではのサービスです。

無料相談を利用する。

弁護士が慰謝料の増額を診断する。

  • 無料の出張訪問相談は一部の案件に限られます。
  • ご家族が重傷を負って介護で忙しい案件を想定しています。
  • 条件に該当しない場合は、無料出張相談はできません。
  • まずは無料相談であなたの話を聞かせてください。

弁護士が出張訪問する。

  • 相談料は無料0円です。
  • 慰謝料の増額や後遺障害の認定を相談することができます。
  • そのまま弁護活動を依頼すれば事件の解決がスムーズです。

弁護士に弁護活動を依頼する。

  • 着手金は無料0円です。
  • 弁護士費用は賠償金受領後の後払い制です。
  • 弁護士費用特約を使うことができます。
アトムの弁護士による示談金の増額実績
詳しくはこちら

交通事故LINE弁護団のご案内

アトムの「交通事故LINE弁護団」を友だち登録すれば、以下のメリットを無料で受けられます。
LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます
LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINEアカウントでお得な無料相談を受ける

アトム法律事務所のご紹介

アトム法律事務所は、後遺障害を負った被害者の救済に精力的に取り組む弁護士事務所です

あなたの慰謝料が正しいか今すぐ診断 電話で弁護士に相談する 0120-465-911 LINEで弁護士に無料相談する メールで弁護士に無料相談する

はじめよう、LINEで弁護士に無料相談

© 2015 - 2017 Takeshi Okano RM