被害者請求を徹底解説

後遺障害の被害者請求と事前認定の関係は?

このページでは、「交通事故の後遺障害に関する被害者請求と事前認定との関係」について徹底調査した結果を報告しています。

被害者請求と事前認定は何が違うの!?

被害者請求と事前認定って、どういう違いがありますか?

後遺障害認定について、被害者が主導して申請するか、保険会社に手続を任せてしまうかの違いといえるね。

保険会社に任せて簡単に済ませたい気もしますが、事前認定には若干不安がありますね。

交通事故の被害者が後遺障害の認定を受ける方法として、被害者請求事前認定の2種類がある。いずれの場合も、損害保険料率算出機構という第三者機関が後遺障害の等級認定のための審査を担当する。

被害者請求は、被害者本人が自賠責保険会社に対して保険金請求を行う手続であり、その手続の中で後遺障害に関する審査も行われる。

一方、事前認定とは、加害者側の任意保険会社が、被害者への賠償金支払いの前提として、被害者の後遺障害等級をあらかじめ確認するための手続きだ。任意保険会社が申請の主導権を握っているという特徴があるのだ。

被害者が任意保険会社から「賠償金を算定しますので後遺障害診断書を提出してください。」という連絡を受けた場合、保険会社の主導による事前認定の手続を行うことが予定されているため、注意が必要だ。

(まとめ表)

被害者請求

事前認定

位置づけ

後遺障害の申請+自賠責保険金の請求

後遺障害の申請のみ

申請主体

被害者本人

任意保険会社

審査機関

損害保険料率算出機構

書類の提出先

自賠責保険会社

任意保険会社

被害者請求と事前認定は両立できるの!?

有利な認定を獲得するには、できる限り被害者請求を選んだほうがいいですか?

何がなんでも被害者請求しないといけないわけでもないんだ。後遺障害に争いがなさそうな事案では、事前認定と被害者請求を組み合わせる方法も有力だよ。

申請方法を組み合わせることができるんですね!

被害者請求と事前認定は、後遺障害認定の申請手続という点では異なる手続である。しかし、とくに後遺障害の存在が明らかな事案においては、被害者請求と事前認定を両立させることが有効な場合がある。

被害者請求は、被害者が主導して後遺障害申請を行うため、有利な資料を添付することができ、より良い認定結果につながりやすいメリットがあある。一方、被害者請求は、資料収集の手間費用負担があるため、利用にあたってハードルがあることも事実のようだね。

そこで、骨の変形障害など、検査画像上、後遺障害の存在が明らかな事案においては、事前認定による後遺障害の申請手続を先行させ、認定結果が出次第、被害者請求をして直接保険金を請求する方法がある(パターン②)。

この方法は、資料収集の手間や費用を節約した上で、早期に自賠責保険金を受領できるというメリットがある。ただし、後遺障害を裏づける明確な検査所見がない事案においては、 当初から被害者請求の手続を行うパターン①の方法が望ましいといえる。

(まとめ表)

パターン①

パターン②

パターン③

後遺障害の申請

被害者請求

事前認定

事前認定

保険金請求

被害者請求

被害者請求

加害者請求

被害者請求と事前認定はどちらが有利なの!?

先生、結局、被害者請求と事前認定は、どっちの方が被害者にとって有利なんでしょうか?

被害者請求のほうが有利な傾向にあるけど、より重要なのは弁護士のサポートを受けることだよ。

なるほど。被害者請求が有利だからといって、自分で適当に申請しても効果は薄いってことですね。

後遺障害の認定手続の側面において、事前認定と被害者請求のどちらが有利かといえば、一般論としては被害者請求のほうが有利といえるだろう。

なぜなら、被害者にとって有利な資料を選択した上で、後遺障害の審査を受けることができるからだ。

ただし、いくら形式的に被害者請求の手続をとったとしても、やみくもに後遺障害診断書を入手してその他の資料を添付する限り、有利な結果を期待することはできない。

後遺障害の申請手続として、事前認定と被害者請求のいずれを選択するにしても、後遺障害の認定実務に詳しい弁護士からのサポートを受けられるか否かで結論に大きな影響が出るようだ。

アトム法律事務所では、事前認定と被害者請求のいずれの手続でも、交通事故被害者の後遺障害認定のサポート業務にも力を入れている。頼れる弁護士に相談するために、一度LINEで無料相談してみるといいだろう。

(まとめ表)

本人のみ

弁護士のサポートあり

事前認定 有利な認定結果の可能性小 有利な認定結果の可能性中
被害者請求 有利な認定結果の可能性小~中 有利な認定結果の可能性大
LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます
上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINEアカウントでお得な無料相談を受ける

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

アトムの示談金の増額実績

無料出張相談

重傷を負ったご家族の介護や付き添いで忙しくありませんか?

ご家族が交通事故で後遺障害を伴う重傷を負われたケースなど、一定の条件を満たす場合は、弁護士が無料であなたのところに無料出張し、慰謝料増額のための法律相談を行います。

無料出張相談

ご家族が交通事故で後遺障害を伴う重傷を負われたケースなど、一定の条件を満たす場合は、弁護士が無料であなたのところに無料出張し、慰謝料増額のための法律相談を行います。

「 全国対応の無料出張相談 」


全国10か所に事務所があるアトム法律事務所ならではのサービスです。

無料相談を利用する。

弁護士が慰謝料の増額を診断する。

  • 無料の出張訪問相談は一部の案件に限られます。
  • ご家族が重傷を負って介護で忙しい案件を想定しています。
  • 条件に該当しない場合は、無料出張相談はできません。
  • まずは無料相談であなたの話を聞かせてください。

弁護士が出張訪問する。

  • 相談料は無料0円です。
  • 慰謝料の増額や後遺障害の認定を相談することができます。
  • そのまま弁護活動を依頼すれば事件の解決がスムーズです。

弁護士に弁護活動を依頼する。

  • 着手金は無料0円です。
  • 弁護士費用は賠償金受領後の後払い制です。
  • 弁護士費用特約を使うことができます。
アトムの弁護士による示談金の増額実績
詳しくはこちら

交通事故LINE弁護団のご案内

アトムの「交通事故LINE弁護団」を友だち登録すれば、以下のメリットを無料で受けられます。
LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます
LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINEアカウントでお得な無料相談を受ける

アトム法律事務所のご紹介

アトム法律事務所は、後遺障害を負った被害者の救済に精力的に取り組む弁護士事務所です

あなたの慰謝料が正しいか今すぐ診断 電話で弁護士に相談する 0120-465-911 LINEで弁護士に無料相談する メールで弁護士に無料相談する

はじめよう、LINEで弁護士に無料相談

© 2015 - 2017 Takeshi Okano RM