後遺障害Q&A

耳鳴り|後遺障害|症状と後遺障害等級認定をわかりやすく解説します

耳鳴りは、交通事故の後遺障害として認定される可能性があります。後遺障害認定の要件、認定されるためのポイントを中心に解説。後遺障害等級認定の申請は「被害者請求」で行うことをおすすめします。認定申請フローがひと目でわかるイラストつきです。

交通事故後も耳鳴りがおさまらない…後遺障害等級と後遺障害慰謝料を解説

交通事故による耳鳴りの「後遺障害等級」と「後遺障害慰謝料」を徹底解説。<弁護士に依頼する>・<依頼しない>で、どれだけ慰謝料に差が出るのかもひと目で分かります。後遺障害認定に必須な検査方法も紹介。耳鳴りの症状で後遺障害認定を目指す方必見です。

交通事故後に手のしびれ|後遺障害等級と後遺障害慰謝料の基本を解説

交通事故で手にしびれが残った場合の「後遺障害等級」と「後遺障害慰謝料」を解説。後遺障害慰謝料については3つの算定基準の違いをみながら、最も慰謝料相場の高い「弁護士基準」も紹介しています。手のしびれの後遺障害認定に関するご相談は、ぜひ弁護士にお任せください。

交通事故の後に手のしびれが残ったら後遺障害かも?症状と後遺障害等級認定を解説

交通事故で残った手のしびれは後遺障害認定されうる「神経症状」といえます。しかし、後遺障害認定を受けることは簡単ではありません。この記事では「手のしびれ」の症状の確認と、後遺障害認定申請のフローを解説。後遺障害認定されるためにすべき「被害者請求」のポイントは必見です。

肩鎖関節脱臼|後遺障害|腕の上げづらさ・しびれ・変形の後遺障害等級・慰謝料

肩鎖関節脱臼の後遺障害は機能障害、神経症状、変形と多岐にわたります。後遺障害等級も幅広いので、まずは適切な等級で認定されることが重要です。そして後遺障害慰謝料は必ず弁護士基準での獲得を目指しましょう。そのためには弁護士依頼が必要不可欠です。

【肩鎖関節脱臼】後遺障害|症状と後遺障害等級認定を弁護士がわかりやすく解説

肩鎖関節脱臼で後遺障害に認定される可能性のある「症状」と「後遺障害等級」を弁護士目線できっちり解説。後遺障害等級の認定申請には、「被害者請求」という方法をおすすめします。その理由も併せて、後遺障害認定の流れを解説していきます。

腰椎圧迫骨折の後遺症|症状や後遺症、慰謝料請求の流れを解説

交通事故で腰椎圧迫骨折を負った場合に残る可能性のある後遺症とその症状、それにより請求できる後遺傷害慰謝料や後遺障害等級認定の申請方法について解説しています。腰椎の変形、麻痺、胸腰部の可動域制限、しびれや痛みといった後遺症について解説しています。

【骨盤骨折の後遺症】後遺障害等級と慰謝料を症状別に解説!

交通事故で骨盤骨折を負い、後遺障害が残った場合の後遺障害等級や後遺障害慰謝料を、症状別に解説しています。痛みやしびれ、変形障害、可動域制限、通常分娩困難といった後遺症が該当する等級、慰謝料はいくらなのかについて、簡単に解説しています。

脊柱管狭窄症の後遺症認定が予想される等級は?後遺障害慰謝料は〇〇円?

脊柱管狭窄症の後遺症認定が予想される等級は?後遺障害慰謝料は〇〇円?脊柱管狭窄症の後遺障害は、神経障害/脊柱の変形障害/脊柱の可動域制限による運動障害などがあげられる。後遺障害に対する慰謝料は等級に応じて支払われることになる。

手首骨折の後遺症|しびれ・曲げづらさ・変形の後遺障害等級と慰謝料

手首骨折の後遺症は「しびれ・痛み」「曲げづらい」「変形」など多岐にわたります。また、後遺障害慰謝料の金額は「相手方から提案される場合」と「弁護士が交渉する場合」を分かりやすく並列比較。この記事を読めば、手首骨折による後遺障害等級と慰謝料がすぐわかります。

手首骨折の後遺症|症状・後遺障害等級認定のポイントをじっくり解説

手首骨折の後遺症で気になるのは、どんな後遺症が残り、後遺障害等級認定されるのかということでしょう。症状は「しびれ・痛み」「曲げづらい」「変形」と幅広いものです。重要な後遺障害等級認定の2つの申請方法を解説します。納得のいく認定結果のためを目指しましょう。

上腕骨顆上骨折|後遺症|変形・しびれの後遺障害等級と後遺障害慰謝料

上腕骨顆上骨折の後遺症について「後遺障害等級」「後遺障害慰謝料」を中心に解説。弁護士依頼時の慰謝料の目安と相手方の保険会社の提案基準を比較。示談が成立すると、基本的にはその内容は変更ができません。提案内容が妥当かを弁護士に相談することをオススメします。

眼球破裂の後遺症|失明・視力低下・調節機能障害の後遺障害等級と慰謝料

交通事故で眼球破裂してしまったら、後遺症としては視力低下などの視力障害が起こることが多いです。そして、失明という深刻な状態を招くこともあり得ます。この記事は眼球破裂での「失明・視力低下・調節機能障害」について、後遺障害等級と後遺障害慰謝料を解説します。

眼球破裂の後遺症|症状や後遺障害等級認定の流れ・ポイントをわかりやすく解説

眼球破裂の後遺症について「症状」「後遺障害認定のポイント」を中心に解説していきます。特に、適切な後遺障害等級認定を受けることは「慰謝料」の金額にも関わる重要事項です。おすすめの申請方法・被害者請求についても解説していますので、ぜひ参考にしてください。

上腕骨顆上骨折の後遺症|症状や後遺障害等級認定の流れ・ポイントを弁護士が解説!

上腕骨顆上骨折の後遺症について「症状」「後遺障害認定のポイント」を中心に解説していきます。特に、納得のいく後遺障害等級の認定を受けたいなら、「被害者請求」で申請することをおすすめ。この記事で、<上腕骨顆上骨折の後遺症の基本>をおさえておきましょう。

外傷性散瞳|後遺障害|症状・後遺障害等級認定のポイントを丁寧に解説

外傷性散瞳の後遺障害は、「強いまぶしさ」「視界のぼやけ・かすみ」や「視力の低下」などの広い症状があります。後遺障害認定申請方法についても丁寧に解説。弁護士オススメの「被害者請求」で適切な等級認定を受けるためのポイントも紹介していますのでお役立てください。

外傷性散瞳|後遺障害|まぶしさ・ぼやけ・視力低下の後遺障害等級と後遺障害慰謝料

外傷性散瞳の後遺障害は、まぶしさやぼやけで【11級相当】・【12級相当】・【14級相当】認定の可能性。視力低下は、視力が下がった眼が「両目」か「片目」か。どの程度下がったのかで後遺障害等級が決まります。後遺障害等級別の慰謝料目安も必見です。