交通事故・刑事事件に加えて借金問題・労働問題の対応を本格化しています。

【公務員】後遺障害9級で、認容額3700万円超の事例

認容額 3748万8017円
年齢 29歳
性別 女性
職業 高等学校事務職員
傷病名

右鎖骨骨折、右肩甲骨骨折、右第一、第三肋骨骨折、肺挫傷、右外傷性肺気胸、右腕神経叢損傷,右下腿挫創、全身打撲、頭部打撲、頚椎捻挫等

後遺障害等級 9級
判決日 平成20年12月24日
裁判所 大阪地方裁判所

交通事故の概要

本件事故は、平成14年7月24日午前8時15分ころ、京都府久世郡久御山町大字下津屋小字鯛ケ鼻7番地の23先道路において発生した。交差点において、交差点を左折進行しようとした加害者の業務用大型貨物自動車とその左側後方から同車の左側方を直進して本件交差点を通過しようとした被害者のバイクが衝突したものである。

被害者の入通院治療の経過

被害者の本件事故での負傷による治療日数は、入院期間107日、通院期間476日である。また、主治医からは術後3年間の筋力トレーニングを要するとされいる。

後遺障害の内容

本件事故による被害者の後遺障害は、右鎖骨骨折に伴う右鎖骨の変形につき第12級5号、右腕神経叢損傷による右肩関節の可動域制限につき第10級10号、右頚部の手術創につき第12級14号の各後遺障害に該当し、これらを併合して併合9級に相当する。

判決の概要

本件事故は、被害者の後遺障害による逸失利益につき、後遺障害の程度のほか、就労・生活状況を総合考慮して労働能力喪失率を45%程度とするのが相当とした事例。

認容された損害額の内訳

治療関係費 638万4027円
入院付添費 64万2000円
入院雑費 16万0500円
通院交通費 23万0980円
休業損害 496万1088円
逸失利益 2658万3484円
慰謝料 1170万円
物的損害 17万9920円
運転補助装置費用 56万0889円
症状固定後の施術費 73万5972円
損害のてん補 -1023万0014円
弁護士費用 340万円
過失相殺 -782万0829円

※その他、既払い額や損益相殺がなされ、判決認容額となります。

あわせて読みたい