交通事故・刑事事件に加えて借金問題・労働問題の対応を本格化しています。

【アルバイト】飲酒運転と知った上で同乗。認容額9千万円超

認容額 9362万7844円
年齢 24歳
性別 女性
職業 パブスナック等アルバイト
傷病名

右急性硬膜外血腫、脳挫傷及び頭蓋骨折

後遺障害等級 4級
判決日 平成23年8月17日
裁判所 千葉地方裁判所

交通事故の概要

本件事故は、平成13年7月9日午前2時15分ころ、千葉県市川市内の路上において発生した。加害者は、被害者を千葉県内にある被害者の実家まで送るために、事故車両を運転して、最高速度が時速60kmに規制された上記道路を時速約100kmで走行中、緩やかな右カーブで不用意にブレーキ操作をしたため、事故車両を左前方に滑走させ道路左側のガードレールに衝突させた。

被害者の入通院治療の経過

被害者は本件事故により、183日間入院し、同病院に実日数28日間通院した。その後、医療センターに実日数8日間通院し、耳鼻咽喉科に実日数70日間通院した。通院日数は合計で106日間である。

後遺障害の内容

本件事故により被害者は、高次脳機能障害の9級10号に該当し、被害者の具体的な言動や本人及び周囲の受け止め方、知能検査の結果等の事実関係と労災認定基準をもとに、後遺障害等級5級2号に該当すると判示し、併合で4級と認められた。

判決の概要

本件事故は、加害者と共に飲酒した被害者は、加害者の飲酒運転を知りながら加害者車に同乗したから、過失相殺がなされるべきとの加害者の主張に対し、被害者に右過失があることを認めつつも、事故の発生には飲酒の影響があったとは認められないとして、過失相殺を認めなかった事例。

認容された損害額の内訳

治療関係費 27万8087円
入院付添費 135万2000円
入院雑費 25万1700円
通院交通費 74万3180円
休業損害 588万8516円
逸失利益 5528万7032円
慰謝料 2020万円
補聴器購入費及び将来の補聴器費用 112万7329円
弁護士費用 850万円

※その他、既払い額や損益相殺がなされ、判決認容額となります。

あわせて読みたい