交通事故・刑事事件に加えて借金問題・労働問題の対応を本格化しています。

【アルバイト】後遺障害1級で、認容額約1億8000万円超

認容額 1億8005万6702円
年齢 27歳
性別 男性
職業 ホテルアルバイト
傷病名

急性硬膜下血腫、急性硬膜外血腫、脳挫傷、頭蓋骨骨折、症候性てんかん、外傷性水頭症等

後遺障害等級 1級
判決日 平成22年12月7日
裁判所 名古屋地方裁判所

交通事故の概要

本件事故は、平成15年10月31日午後7時25分ころ、名古屋市南区豊田5丁目14番25号先路線上において発生した。被害者が運転する自転車に、加害者が運転する自動車が衝突し、被害者が負傷した。

被害者の入通院治療の経過

被害者は本件事故により、事故が発生した愛知県で入院治療を行った後に、被害者の実家がある九州の病院に転院し治療を行った。合計入院期間は609日間で、退院後はリハビリテーション病院へ113日間(実日数30日間)の通院した。

後遺障害の内容

被害者は本件事故により、脳挫傷等の極めて重大な傷害を負い、長期間意識障害が続き、「神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し、常に介護を要するもの」として、一級一号に該当する。

判決の概要

本件事故は、片側一車線の道路を東方から西進していた加害者の車が、道路の南端を走行し、南側から横断しようとした被害者の自転車に衝突した事故につき、加害車両には、制限速度を超えて走行し、かつ、被害者を追い越す際、注意喚起等の安全確保の義務を怠ったとして、過失70%とし、被害者にも、横断開始前に進路変更の合図や後方の確認をしなかったとして、過失30%を相当とした事例。

認容された損害額の内訳

治療関係費 728万6883円
入院付添費 454万8600円
入院雑費 91万3500円
将来介護費 1億2933万2861円
休業損害 337万8960円
逸失利益 8475万7374円
慰謝料 3160万円
近親者の慰謝料 210万円
保佐申立費用 7万8880円
器具購入費 442万0945円
車両購入費 111万0356円
自宅改造費 930万0020円
将来雑費 67万2260円
交通費 71万0960円
将来治療費 94万4848円
既払金 -2658万2810円
弁護士費用 920万円
過失相殺 -8371万6935円

※その他、既払い額や損益相殺がなされ、判決認容額となります。

あわせて読みたい