交通事故・刑事事件に加えて借金問題・労働問題の対応を本格化しています。

【アルバイト】後遺障害11級で、認容額約1800万円の事例

認容額 1866万9003円
年齢 32歳
性別 男性
職業 レンタルビデオ店アルバイト
傷病名

右大腿骨骨折及び右肘頭開放骨折

後遺障害等級 11級
判決日 平成16年3月24日
裁判所 千葉地方裁判所

交通事故の概要

本件事故は、平成13年11月2日午前0時10分ころ、千葉県船橋市大穴北6丁目先道路において発生した。被害者運転の被害車両に、対向車線を走行してきた加害者運転の加害車両がセンターラインを越えて正面衝突した。

被害者の入通院治療の経過

被害者は本件事故により受けた傷害の治療で、93日間の入院と、実日数61日間の通院を行った。

後遺障害の内容

本件事故により被害者は、右肘関節の可動域制限につき自賠法施行令二条別表記載の後遺障害等級12級6号、右下肢の短縮障害、右臀部痛につき13級9号にそれぞれ該当し、これらを併合して上記後遺障害は11級に該当する。

判決の概要

本件事故は、被害者運転の車に、対向車線を走行してきた加害者運転の車がセンターラインを超えて正面衝突したという交通事故につき、被害者の右肘関節、右下肢短縮障害等による併合11級の後遺傷害による逸失利益として、被害者の事故前の実収入額を基礎として症状固定時32歳から67歳までの35年間18%の労働能力喪失を認めた事例。

認容された損害額の内訳

治療関係費 82万5715円
入院雑費 13万9500円
通院交通費 4万7970円
休業損害 201万6754円
逸失利益 1356万7186円
慰謝料 670万円
その他費用 3万0520円
損害の填補 -651万1652円
確定遅延損害金 25万3010円
弁護士費用 160万円

※その他、既払い額や損益相殺がなされ、判決認容額となります。

あわせて読みたい