顔の症状

交通事故|視覚障害の後遺障害等級は?慰謝料の相場は?等級別ですぐわかる

視覚障害に関する後遺障害等級と慰謝料を解説。交通事故の後遺障害として視覚障害が残った場合、どんな症状がどんな等級に該当しうるのかをまとめて紹介しています。「失明」「視力低下」「複視」「調節機能障害」など幅広い症状を網羅しています。

交通事故による視覚障害|症状と後遺障害等級認定|弁護士おすすめの申請方法

交通事故による視覚障害でみられる「症状」の代表例を解説。視覚は視力・調節機能・運動機能・視野など幅広く、これらの能力に何らかの障害が発生した場合、後遺障害に認定される可能性があります。認定のためには「申請」が必要。弁護士おすすめの申請方法もお教えします。

眼の後遺障害|知っておきたい後遺障害等級と慰謝料|早見表あり

眼の後遺障害の等級と慰謝料を徹底解説しています。後遺障害等級と慰謝料が<ひとめ>でわかる表も掲載中。慰謝料増額の「シンプルな鉄則」は【弁護士に依頼をすること】です。弁護士に依頼しない場合の基準額も比較して掲載。「賠償金で損をしたくない人」は必見です。

眼の後遺障害|症状は?後遺障害等級認定の基本とポイントをおさえましょう

眼の後遺障害に関して症状・後遺症・後遺障害認定されうる後遺障害等級を解説。後遺障害認定の申請方法は2つあり、それぞれのメリットとデメリットを紹介しています。弁護士オススメの申請方法は「被害者請求」です。その理由とおさえるべきポイントは必見です。

歯の後遺障害|折れ・欠けの本数と後遺障害等級・後遺障害慰謝料を解説

交通事故による【歯】の「後遺障害等級」と「後遺障害慰謝料」を徹底解説。慰謝料の3基準を比較しながら、「弁護士基準」がいかに被害者にとってオススメなのかを紹介します。歯の後遺障害は本数が決め手。歯の本数と後遺障害等級がひとめでわかる表は必見です!

歯の後遺障害とは|症状と後遺障害等級認定を弁護士が解説

歯の折れ・欠け・欠損は、交通事故の後遺障害として認定される可能性のある症状です。後遺障害認定を受けるためのポイントを中心に解説。後遺障害等級認定の申請は「被害者請求」で行うことをおすすめします。また、認定申請フローがひと目でわかるイラストも掲載しています。

耳鳴り|後遺障害|症状と後遺障害等級認定をわかりやすく解説します

耳鳴りは、交通事故の後遺障害として認定される可能性があります。後遺障害認定の要件、認定されるためのポイントを中心に解説。後遺障害等級認定の申請は「被害者請求」で行うことをおすすめします。認定申請フローがひと目でわかるイラストつきです。

交通事故後も耳鳴りがおさまらない…後遺障害等級と後遺障害慰謝料を解説

交通事故による耳鳴りの「後遺障害等級」と「後遺障害慰謝料」を徹底解説。<弁護士に依頼する>・<依頼しない>で、どれだけ慰謝料に差が出るのかもひと目で分かります。後遺障害認定に必須な検査方法も紹介。耳鳴りの症状で後遺障害認定を目指す方必見です。

眼球破裂の後遺症|失明・視力低下・調節機能障害の後遺障害等級と慰謝料

交通事故で眼球破裂してしまったら、後遺症としては視力低下などの視力障害が起こることが多いです。そして、失明という深刻な状態を招くこともあり得ます。この記事は眼球破裂での「失明・視力低下・調節機能障害」について、後遺障害等級と後遺障害慰謝料を解説します。

眼球破裂の後遺症|症状や後遺障害等級認定の流れ・ポイントをわかりやすく解説

眼球破裂の後遺症について「症状」「後遺障害認定のポイント」を中心に解説していきます。特に、適切な後遺障害等級認定を受けることは「慰謝料」の金額にも関わる重要事項です。おすすめの申請方法・被害者請求についても解説していますので、ぜひ参考にしてください。

外傷性散瞳|後遺障害|症状・後遺障害等級認定のポイントを丁寧に解説

外傷性散瞳の後遺障害は、「強いまぶしさ」「視界のぼやけ・かすみ」や「視力の低下」などの広い症状があります。後遺障害認定申請方法についても丁寧に解説。弁護士オススメの「被害者請求」で適切な等級認定を受けるためのポイントも紹介していますのでお役立てください。

外傷性散瞳|後遺障害|まぶしさ・ぼやけ・視力低下の後遺障害等級と後遺障害慰謝料

外傷性散瞳の後遺障害は、まぶしさやぼやけで【11級相当】・【12級相当】・【14級相当】認定の可能性。視力低下は、視力が下がった眼が「両目」か「片目」か。どの程度下がったのかで後遺障害等級が決まります。後遺障害等級別の慰謝料目安も必見です。

あわせて読みたい